英会話の教材を上手く活用して英語を学ぶ~通信で楽得英会話~

英会話が必要な社会

勉強

通信制高校で、英会話を学ぶことは、その後の進学や就職に大変役に立つ選択だと主張しました。今回は、そのような状態になった社会的背景について紹介していきます。英語とは、そもそも専門技能として日本では重宝されてきました。しかし、今日においては、どんな立場の人も必要に迫られて覚える必要があるかもしれません。例えば、製造業が典型的ですが、多くの企業が安い人件費を求めて海外に生産拠点を移しています。これは、一つの生産物を製造するのに、多くの国がかかわるということを表しています。国ごとに完全に分業ができていればいいのですが、現実はそう甘いものではなく、誰かが調整しなくてはいけません。従って、日本国内で製造業のホワイトワーカーになっても、英語と無関係に業務ができる時代ではなくなりつつあります。また、これからの時代は、英語ができないと逆に日本の物づくりの現場で働けないということになるのかもしれません。英会話ができるというと、通訳や翻訳といった職場を想像しがちですが、活躍の場はそれだけではありません。できれば、英語以上の専門分野にも知見を広げて、世界で活躍できる人材になることを目指すと良いでしょう。

通信高校の場合、仕事や育児をしながらでも学ぶことができます。若いうちに出産をしたお母さんや、仕事をしなければならない状況になった人でも安心して学び始めることができるのです。通信高校で専門的な英語を学んで、より幅広い分野で活躍できる人材を目指すと良いでしょう。