英会話の教材を上手く活用して英語を学ぶ~通信で楽得英会話~

具体的なカリキュラム

ステーショナリー

通信制高校で学ぶ英会話とは、具体的にどのようなカリキュラムで学ぶものなのでしょうか。大抵の学校では、読み書きが中心になっており、TOEICや英語検定の試験対策が主なカリキュラムの中心となっています。そこで、オススメしたいのが、本当の実用に耐える英語力を身につけたいのなら、むしろオーラルコミュニケーションに力を入れた学校に行くべきです。オーラルコミュニケーションに力を入れるということは、講師がネイティブアメリカンですべての授業が英語でなされていれば完璧です。将来的には、海外の大学に留学することも考えているのなら、英語に関する四つの技能を鍛えておくと良いでしょう。四つの技能とは、聞く、話す、読む、書くという技能です。これらの技能をバランスよく身に着けることで、より実践的な英語力が身につくわけです。海外に進学すると、よく言われるのが日本人は自己主張が下手だということです。これは、海外との風土の違いもありますが、日本で行われる受け身型の授業の弊害のなせる技でしょう。したがって、海外進学においては、参加型の講義が中心となるので、グループワークやディスカッションを中心とした授業内容が好ましいでしょう。

将来海外で活躍したいのであれば、通信高校の英会話授業でも、積極的に学びを深めていくことが大切です。特にネイティブアメリカンの先生がいる場合は、コミュニケーションスキルも同時に学ぶと良いでしょう。英会話とジェスチャーを組み合わせることによって、より本場で通用する英会話術を身に付けることができます。